整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科|中岡整形外科

072-822-0788

予約制ではございませんのでお気軽にご来院ください

よくあるご質問

Q&A

正しい治療にはまず、正確な診断をくだすことが重要です。 その診断に基づいて個々の患者さんにあった治療を選択するように心掛けています。 手術や他の科の必要な患者さんには近隣の医療機関との連携により最適と思われる医療機関を紹介いたします。

Question

骨粗鬆症(骨粗しょう症)とは?

Answer

骨は主にたんぱく質とカルシウムからできており、たえず古い骨が壊され新しい骨が作られています。
新しく作られる量よりも壊される量のほうが多くなると、骨の内部はだんだん薄くなりスカスカでもろくなってしまい骨折を起こしやすくなります。この状態を骨粗鬆症といいます。 骨粗鬆症とは?

Question

変形性膝関節症とはどんな病気?

Answer

変形性膝関節症は膝関節が加齢や過度の関節運動、あるいは外傷などにより、関節に負担がかかり、関節の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気(状態)です。
治療には適切な薬や装具を使用したり、ヒアルロン酸の注射を行いますが、状態によっては手術が必要になります。 変形性膝関節症とはどんな病気?

Question

膝の水を抜けばくせになる?

Answer

関節の水(関節液)が溜まってくるのには原因があります。原因が取り除かれなければ、また関節液が溜まってしまうことになります。関節液を抜くということで、また関節液が溜まってくるわけではありません。
関節液が溜まりすぎると痛みが出たり関節の動きが制限されたり、このまま放置すると関節の組織にも有害です。 膝の水を抜けばくせになる?

Question

肩こりって病気?

Answer

姿勢の異常や、生活習慣から来る首から肩にかけての痛みを肩こりと呼びますが、頚椎症の症状の一部のことがあります。頚椎症は首の骨の靭帯や椎間板の変性や突出などにより引き起こされる病気で、腕や肩などに痛みがはしったり痺れが出現する神経根症や下肢の痺れや筋力の低下をきたす脊髄症もふくまれます。安易なマッサージによる事故も報告されており医療機関での診察をお勧めします。治療としては血流をよくするお薬などの使用や理学療法、ブロック注射や姿勢の注意などの生活習慣の指導が奏功することがあります。

Question

坐骨神経痛って?

Answer

坐骨神経痛とは、坐骨神経に沿ってお尻や足腰にジンジンとした痺れや痛み、うずきが発生している状態です。坐骨神経痛を引き起こす疾患には、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、脊椎すべり症や腰部脊柱管狭窄症などがあります。腰椎椎間板ヘルニアでは激しい放散痛とともに、坐骨神経、ことに圧迫された知覚神経に沿って感覚の鈍麻と足の背屈などの筋力が低下してくることがあります。腰部脊柱管狭窄症では立っていたり、歩いていると下肢に痺れや痛みが出現しますが前かがみや、しゃがみこめば症状が軽快し再び歩けるようになる間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴的です。治療としては痛み止めを中心とした薬のほかに、神経ブロックや理学療法が奏功することが多いですが手術が必要となることもあります。
お気軽にお問い合わせください